業務支援を行える社風に

上手に業務支援を行うというのは、実は意外とむずかしいものなのではないかと考えます。人によっては、自分の仕事は自分だけが知っていたいと考え、仕事の内容を他の人に教えない事があります。いわゆる業務の囲い込みを行い、それによって自分の存在価値を高めようとするのです。けれど、それでは組織として、うまく回っていっているとは言い難く、スタンドプレイととられても仕方がないでしょう。自分の仕事をしつつも、誰かのために業務支援を行えるようにするためには、さまざまな仕事内容をオープンにする必要があります。そのためには、囲い込みはマイナスになりこそすれ、プラスにはならないという社風を築き上げることも大事になってきます。そのあたりのサポートができるか否かは、係長や課長、部長といった肩書を持った人の行動如何で決まるのではないでしょうか。

企業が望む理想と現実の業務支援は

会社の中には、常に忙しい部署もあれば、比較的ゆとりを持って仕事に臨める部署もあります。業務支援をさせるのであれば、忙しい部署よりも、ゆとりのある部署で働く人にしてもらうのが理想的でしょう。けれど、会社というのは不思議なもので、忙しい部署で働く人のところへと、業務支援の仕事もまわっていく傾向が生まれます。その理由はただ一つ、忙しいところで働ける人は、それだけ仕事に対する能力が高く、支援にあたるにも効率よく、そして効果を引き出す方法でもってサポートをする能力を持っているからです。どちらかというと暇な部署で仕事をする人たちは、その暇な状態が当たり前になっていますので、それ以上の仕事をするだけのキャパシティーをどんどん失っていくようです。そうした人たちに効果的な業務支援は望めないところが、企業として抱える矛盾かもしれません。

業務支援が行える人と行えない人の差は

効率よく業務支援を行うには、仕事ができる有能な人にやってもらうのが、結局のところもっとも効果を上げることになるのは間違いありません。仕事ができる人というのは、どんなことをすれば相手が助かると思うかということを的確につかみますので、たとえ自分がやったことのない仕事でもある程度仕事の内容を教えてもらえれば、自分の仕事と連動させてできるサポートを考えつくものです。仕事が今一つできない人は、何が大切かという優先順位がわからなかったり、周りが見えなかったりといった特徴が共通しており、自分の仕事を仕上げるのが精いっぱいで、とても周りを支援することはできません。仕事ができる人がどんどん仕事量を増やしていく構図は、業務支援を求める部署が多ければ多いほど、社員の仕事における能力に差を開かせていくことでしょう。

Write a Comment

Comment

*