生産管理系の業務支援システム

業務支援システムには、顧客管理情報を主に行うCRMや営業現場の支援を行うSFA、プロジェクト管理や財務会計システム等、様々な現場の仕事を支援するためのものが用意されています。生産管理における現場業務を支えるためのシステムも当然たくさん存在しており、ほとんどすべての生産分野では、その業界独自の生産管理システムが既に現場で活躍しています。資材や原材料の調達からコストの管理、生産工程にかかる労務や時間のコスト計算等が、主な機能になります。基本的には、生産現場で実際に業務に携わる人達が、行っている作業をシステム化することによって「見える化」することが目的となりますので、システムの導入・構築にあたっては、現場で行われている作業をなるべく客観的に把握し評価することが、システム導入の成功ポイントとなります。

業務支援における帳票システム

業務支援システムには、生産業者が生産過程を視覚化・数値化するためのものや、営業を支援するためのSFA等があります。また他にも顧客情報を効率よく管理して、そこから新しいビジネスチャンスを発見するCRM、他には財務会計や人事給与等の業務を支えるためにシステムなど、殆どの業務をシステムがカバーすることができるようになっています。それらの多くのシステムの殆どが、帳票出力を機能として持っています。帳票出力に特化した帳票システムも存在しています。これは特に通信販売等の沢山の発送先を抱えて、多くの伝票を出力する必要がある現場等で導入されていることが多いです。帳票システムあるいは帳票機能においては、出力する多種多様な伝票にどこまで対応することができるのかというのが、性能評価の大きなポイントとなります。現場で必要な伝票出力が出来るのか、カスタマイズが可能かというところに注目するようにしましょう。

介護ビジネスの世界でも用いられる業務支援システム

現在では介護ビジネスも広がりを見せ、そのサービスも次第に多岐に渡るようになってきています。また、それに伴いまして、それらの効率を高める業務支援ソフトなども多くの分野で登場するようになりました。例えば在宅介護ビジネスの一環である、居宅医療における管理指導の業務支援ソフトもその一つです。これは在宅介護者や在宅医療者宅に訪問して、服薬などに関する指導を執り行う調剤薬局などで用いられるシステムです。そしてそこで勤務する薬剤師をサポートし、数々の業務を効率化致します。この業務支援システムでは各種報告書を始め、処方薬などの管理や、その服薬指導に関する計画書などを能率的に作ることが可能になります。従来では手間の掛かったそれらの作業をITによって軽減できますから、薬剤師が管理できる担当件数を増加させることができます。その結果、より多くの訪問先を担当することができるようになります。

Write a Comment

Comment

*