訪問服薬指導などに関する業務支援ソフト

病院で発行された処方箋に基づいて各種の薬を提供する調剤薬局では、薬剤師が勤務し、国民の健康面における維持などに貢献してくれています。しかし薬剤師の仕事は薬の調剤だけではなく、在宅医療を司る大切な存在の一つでもあります。現在では介護関連もその役割りの一つであり、その薬剤師の業務支援を目的とするPCソフトウェアなども登場しております。在宅による医療や介護には長期的な計画の下、服薬を行うことが必要な場合もありますが、それには服薬に関わる計画書や、それぞれの患者に合わせた在宅療養に関する案内書などを作成しなければならないこともあります。それらの書類作成は薬剤師にとりましても負担の大きな業務になります。しかし訪問服薬指導などに関する業務支援ソフトを導入することで、それらの複雑な書類作成の業務負担を減らすことができます。

相手を知って業務支援をすることが

上手な業務支援をしようと思ったら、たとえ部署が異なっていても、仕事内容にリンクすることについては積極的に情報を交換し合っていく必要があるでしょう。お互いにどのような仕事をしているのかを知る事で、どの仕事が相手の仕事を助けることになるのかが分かってきます。それなら、その仕事のやり方を、相手にとって楽になる方法に変えることが、すでに業務支援になると言えるでしょう。今までやってきたやり方を変えることで非常に手間がかかり、著しく業務の効率を落とすことになるのであれば、自分の仕事がうまくいかないということから、無理をしてまでするのは本末転倒です。けれど、さほど負担に感じることがなく、それでいて関係部署にとってはひどく助かるのなら、採りいれない手はありません。それが結局のところ、長続きする業務支援と言えるのではないでしょうか。

ビジネスの現場で相互活用される業務支援システム

商社などの各種企業や様々なビジネスの現場では、業務を効率化する為、ITを活用した何らかの業務支援システムが導入されていることが一般的です。それは法人の収支管理を司る経理業務などを始め、人事部門や営業部門など、至る部門で取り入れられている場合が多々あります。また、それぞれの部門が個々に業務支援システムを導入しているだけでなく、現在では企業内ネットワークを主軸として、それらのシステムがお互いにリンクし合うケースが増えています。その恩恵は大きく、個々のデータがネットワーク上で相互利用できる為、更にスピーディーに効率良く業務処理が行えるようになっています。例えば営業活動における交通費精算システムと、会社の会計システムが効率良く連動する場合もその一例です。このように現在の業務支援システムは、ネットワークにより更に効率的に運用できるようにもなっています。

Write a Comment

Comment

*